駒込北エリア
Area information

駒込北のエリア情報


 


 


 



周辺の桜情報


染井吉野桜記念公園



 JR駒込駅を西口から出て目の前にある大きな通りが国道123号です。これは江戸の時代に岩槻街道と呼ばれ、王子を過ぎ川口、さいたまへ進む6宿13里半の街道としてかつては賑わいをみせ、現在は本郷通りという名前で親しまれております。


 その本郷通り沿いに右方向、駒込駅前交番の裏手にある小さな染井吉野桜記念公園が、今や世界中に周知されたソメイヨシノ発祥記念の地とされている場所です。


公園にはソメイヨシノの交配に用いられたオオシマザクラとエドヒガンも植えられていますが、他にも公園と反対側にある駅前ロータリーや、住宅の密集した地域にはいくつも桜の木を楽しむことのできる公園や箇所が存在します。


 明治に近代化を図って整備されていく都市公園には桜が最も多く植えられました。当時日清・日露戦争を勝ち抜いていった日本軍が欧米列強の最中、目覚ましく富国強兵を遂げる過程を象徴するシンボルとして、この花は最適だったのです。華やかに咲き、一斉に散る姿は明治時代の日本人が好んだ嗜好に非常に合っていました。


 もう一つの理由として、ソメイヨシノは都市環境を速い速度で整備していくには都合のいい樹木であったことが挙げられます。きわめて成長が早く、接ぎ木によって繁殖させることが容易だったので、たちまち日本全国に広まっていきました。


 さて、花の名前にも含まれる染井は、現在地名としては残らずこの駒込の名前がこの界隈の呼び名になっています。この由来は諸説ありますがそのうちの一つに遥かヤマトタケルの時代の伝説が元になったと言われたものがあり、それは『文政町方書上』に記されていました。 景行天皇の皇子であるヤマトタケルが九州の熊襲を征伐したのち、天皇の命により東征する際通りがかったこの地で、馬が集められ繋がれている様子を「駒込たり(馬がたくさんいる)」と言ったことで、この地を駒込林と呼ばれるようになったというものです。


 そしてソメイヨシノのほかにも、有名な文句に由来し、縁起の良い地として川柳が詠まれたことを御存じでしょうか。


 現在の豊島区駒込に位置する地域は江戸期の上駒込村、文京区本駒込が下駒込村に属する地域ですが、六義園や富士神社はこの下駒込村に含まれます。またこの地には、鷹狩りを好んだ徳川吉宗がしばしば飛鳥山で鷹狩りを楽しんだことが由来し、鷹部屋が存在していました。さらには茄子の名産地だったことから、「駒込は一富士二鷹三茄子」と詠まれたのです。


 


 


駒込エリアの地形情報


 


国土地理院の土地形成図*を参考にすると、駒込エリアは関東にまたがる武蔵野台地の東の端に位置しています。更新世段丘と呼ばれる、比較的地盤の安定した土地を形成しています。さらに駒込エリアを拡大してみると、先ほどの台地の隙間は切土、盛土した造成地である低地で構成され、高地と低地の空間性を都市に与えています。そうした土地には坂が多くあり、坂を上りつめると歴史文化的な要所にたどり着くことがあります。そういった観点で街を歩いてみるのも面白いかも知れません。


また、東京都土木技術支援・人材育成センターの液状化予測*からは安定した台地であるため液状化に対しても強い土地であることが言えます。黄色の範囲は液状化の可能性がある地域としています。この評価は三段階ある液状化の評価の二番目のものになります。駒込エリアのほか地域は液状化の可能性が低い地域と評価されており駒込エリアを全体で見ると液状化に対し安全な地域であることが言えるのではないでしょうか。


 



 



 


*参考URL


東京の液状化予測図


http://doboku.metro.tokyo.jp/start/03-jyouhou/ekijyouka/layertable.aspx


URLをクリックし次へ(利用上の注意事項)をクリックすると予測図と主題図から見たい情報を重ねた地図を作成することができる。


 


国土交通省ハザードマップポータルサイト


https://disaportal.gsi.go.jp/


洪水、土砂災害、津波、道路防災情報から重ねる地図を作ることができる。


 


地理院地図https://maps.gsi.go.jp/#5/36.104611/140.084556/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1


上記を上回る情報リストを備えた重ねる地図。複数の情報から地図を作ることができる。情報リストから知りたい情報をクリックすると即時地図に反映。自分の知りたい地域をズームしたり、地図を透過させたりして自分なりの見せ方で表示することができる。