当社のこだわり
Concept

駒込深ぼり不動産は、駒込を拠点に28年活動している建築設計事務所が主催する駒込地域密着型の不動産紹介サイトです。
単なる土地・マンション・戸建ての紹介だけではなく、駒込周辺地域の生活環境やマンション・戸建ての構造的な成り立ちを含めて皆様のライフスタイルに適切な物件をご提案いたします。

駒込深ぼり不動産を運営する(株)イントロンは、新築建物の設計、分譲マンション修繕工事の設計に数多くの実績があります。新築のボリュームプラン作成から、分譲マンションの長期修繕計画を含めたアドバイスまで、皆様のお力になれます。賃貸物件では、(株)イントロンが手がけた新築建物もご紹介しております。

1. ライフスタイルに合わせて土地と建物をワンストップでご提案します。

一級建築士事務所として24年の経験を持つ私たちは、家づくりを「デザイン+コストコントロール」という視点で捉え、土地選びから設計・建築までをワンストップで提案させていただいています。
土地を選ぶ際は用途地域や地盤、擁壁の状況といった情報をしっかりと読み解き、そのうえで土地の特性に合ったローコスト・ハイクオリティーな建物を設計。また、建築家が在籍しているという強みを生かし、住む方のライフスタイルはもちろん、将来設計までを見据えた設計デザインをご提供しています。
ただ土地を探すだけではなく、土地の価値をどう活かすのか、そしてそこにどんな建物を建てるのか。土地と建物をトータルでご提案できることが、私たちの最大の強みです。
当社のこだわりイメージ1

2. 住まい後の長期的なメンテナンスまでお任せいただけます。

私たちは「作る」と「維持する」が一体でないと「良い建物」とは言えないと考えています。
たとえば新築住宅の場合、将来的には外装や外壁材の修繕や給湯器やインターホンの修理など、さまざまな修繕費がかかることになります。建築時のコストだけでなく、将来的なメンテナンスコストも併せてご提案させていただくのが、私たちのスタイルです。
またマンションであれば、共用部・専用部の工事履歴や、長期修繕計画、管理組合の運営状況まで確認をしたうえで、将来的にどのような修繕費用がかかるのか。また、修繕状況を読み込んだ資産価値はどのくらいなのかをお見積りさせていただきます。
新築時や購入時のコストだけでなく、将来的なメンテナンスコストまで含めたご提案ができるのも、新築と改修の両方について実績がある私たちだからこそできることです。
当社のこだわりイメージ2

3. 「駒込」周辺の不動産情報と共に、周辺環境のエリア情報も提供いたします。

長年「駒込」という土地で家づくりに携わってきたため、駒込エリアの土地選びを特に得意としております。土地を選ぶときには、その土地の特徴はもちろん、周囲の環境や、昔どういう土地だったかということも重要です。私たちは街や地域の歴史も含めた土地の付加価値を見出し、お客様にご提案していきたいと考えています。
当社のこだわりイメージ3

◆ 駒込深ぼり不動産が手がけた設計・建築の事例

擁壁問題で割安になっていた土地が建築家目線で理想の住まいに!

今回の家づくりにあたっては、1年余りをかけて、お施主様の土地選びをお手伝いさせていただきました。そんななか出会ったのが、駒込にある擁壁を背負った段差のある土地です。既存の擁壁は安全性に問題があり、土地を平にするためにはこれを一度取り払い、一から擁壁をつくる必要がありました。この工事だけで数千万円のコストがかかるため、相場より低い価格で売りにだされていたのです。
事例イメージ1

敷地奥から見た建物

高低差のある土地にあえて目を付けた「建築家目線」

今回の家づくりにあたっては、1年余りをかけて、お施主様の土地選びをお手伝いさせていただきました。そんななか出会ったのが、駒込にある擁壁を背負った段差のある土地です。既存の擁壁は安全性に問題があり、土地を平にするためにはこれを一度取り払い、一から擁壁をつくる必要がありました。この工事だけで数千万円のコストがかかるため、相場より低い価格で売りにだされていたのです。

最終的にこの土地に決めたポイントは、道路側に建物を寄せれば、後方に余白が取れることでした。この辺りの土地は道路側にしか余白がないことが多いため、とても貴重です。「この段差と擁壁を既存のまま生かせれば、低コストで良い家を建てることができる」という建築家目線で、お施主様にこの土地をお勧めしました。
事例イメージ2

道路側から見た建物

事例イメージ3

隣家へも採光・通風をシェアする庭

段差はそのまま。建物を手前に寄せて「裏庭のある家」を実現

コスト面も考えて、既存の擁壁はそのまま残すことを決定。段差を活かして1階を駐車場スペースにし、2階にLDK、3階にご夫婦とお子様用の個室2部屋を乗せる形としました。擁壁は土地の中にある残置物としてそのまま残し、1階部分のみをRC造とすることで強度を担保しています。
また、今回は30坪のうち手前の15坪~18坪に建物を寄せることで、後ろに10坪程度の裏庭スペースを設けることができました。この裏庭はLDKより少し高い位置にあり、LDKから数段の階段を上って出られるようになっています。平地にしていれば庭の位置は3.5m下になっていましたが、敷地の段差を活かすことで高いところに庭が取れたので、非常に明るい庭が完成しました。

通常であれば家の前に庭を造るケースが多いのですが、今回は後ろに庭ができることで、よりプライベートなスペースをつくることに成功しています。
事例イメージ4

オーナー要望のアイランドキッチン

事例イメージ5

建物の内部構造

建築家がいる不動産屋というメリットを生かし
将来設計を考えて土地選びをサポートします。

私たちの大きな強みは「不動産屋でありながら、建築家が在籍している」ということです。建築家目線で敷地の特徴を読み込み、土地のメリット、デメリットを活かしながら土地選びをご提案することができるのも、建築家という目利きがいるからこそです。このため、穴場的な土地を見出し、コストを抑えた良質な住まいづくりが実現できるのです。

土地の法的な問題や、地盤の状況など、あらゆる視点でこの強みを活かしながら、また、お客様の将来設計も一緒に考えさせていただきながら、土地選びをサポートさせていただきます。
事例イメージ6

オーナー希望のガレージ

事例イメージ7

オーナー希望のガレージ