巣鴨大鳥神社

  • 巣鴨村の新左衛門が貞享5年(1687)に稲荷社として創建、当社の旧別当寺は、時の鐘を報じていたといいます。嘉永2年(1849)子育稲荷社と改称、元治元年(1864)には境内社大鳥神社の「酉の市」が始まったといわれている。第二次世界大戦で焼失したものの、昭和24年豊島区の武藤某氏が再建した。

所在地: 東京都文京区千石4-25-1