旧古河庭園

  • 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア・コンドル博士、日本庭園の作庭者は、京都の庭師・七代目植治こと小川治兵衛。

  • 数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例。現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であることから、平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝指定。

所在地: 東京都北区西ヶ原1-27-39