王子稲荷神社

  • 関東稲荷総社の格式を持ち、江戸時代より庶民に親しまれてきた。 大晦日、稲荷の使いである狐が、近くの榎の下で身なりを整えこの神社に初詣をするという言い伝えがある。年末には地元の方々の催す「王子狐の行列」が新しい風物詩となっている。 また、毎年2月の午の日に開かれる凧市は、たびたび大火にみまわれた江戸庶民たちが「凧は風を切る」として火事除けの縁起をかつぎ、今なお親しまれる。

  • 国認定重要美術品の「額面著色鬼女図」、谷文晁の龍図を所蔵している。 境内にある「狐の穴跡」は、落語「王子の狐」の舞台。

所在地: 東京都北区岸町1-12-26